「仕事に集中したいからと別れを告げられたけど復縁したい」と思うなら、冷静になる時間を持とう

仕事 に 集中 したい 別れ 復縁

・仕事に集中したいから今は付き合えないと言われ、別れました。
・仕事が忙しくて時間を取ることが難しいと言われ、別れたのですが復縁したいです。
・彼の言葉に納得がいきません。

忙しい理由がはっきりしているなら
復縁の可能性は十分にあります。

しかし
素直にその理由をなかなか信じれないのではないでしょうか?
仕事終わりにする別れ話は
男性側にとって一番都合がいい理由なのです。

この記事では
仕事の忙しさを理由に別れた彼と
復縁するための心構えと、
やってはいけないことの紹介をしています。

冷却期間を取って復縁できる可能性を残しておくこと

「仕事が忙しいから」は都合のよい理由

あなたのことが好きでなくなった
他に好きな人ができた
などといった恋愛を理由にすると
別れるときに責められたり、本音の言い合いになり疲れます

その責任から逃げるために
男性がよくいう言葉が
「仕事が忙しいから、かまってやれる時間がない」
です

本当に仕事が忙しい場合がある。

本当に仕事が忙しくて
恋愛どころか仕事が終われば家に帰って寝るだけ。
毎日クタクタになって
彼女へのメールや LINE もおろそかになる場合があります。
かまってやれない彼女に本当に申し訳なくて
一旦距離を置くことを提案していることもあります

どちらが本当の理由かはなかなか分かりません。

めんどくさいことを嫌がる男性の場合は
「仕事が忙しいから」としか言いませんから。

本当の理由がわからない場合は
しばらく彼を好きなようにさせることが必要になります。

彼に新しい恋人が出来たにしろ、
本当に忙しくて恋愛なんかしてる余裕がないにしろ、
その状況は必ず落ち着きます。

その時に、
話したくなるようなポジションに
あなたがいることが重要です

寂しい時に
思い出してもらえるような存在になっていましょう

他に好きな人ができたのか問い詰めるのは最悪です。

仕事を理由に別れを切り出されたら
あなたは絶対に納得はしないでしょう。

どうしても「新しい恋人が出来たのではないか」と疑念が残ります
どうしても問い詰めたいところですが
本当に仕事が忙しいだけだった場合、
彼にとって、あなたが面倒くさい女になってしまいます

仕事が落ち着いて
連絡しようと思っても
あなたを大切に思って話をしたのに
逆に「新しい恋人が出来たのではないか」と疑われた
という記憶しか残っていません。

彼に新しい恋人が出来たとしても
絶対に本当の理由を聞けるはずがないのです。

本当かどうかわからないことを聞きたい気持ちはすごくわかるけど、
ここはぐっと我慢した方が復縁しやすい

復縁を迫るような態度も最悪です。

彼への思いが強いと
1日でも早く復縁したいと思い焦って行動してしまうことがあります。

・彼と別れてから1ヶ月も経ってないのに復縁の連絡をする。
・寂しくて泣きじゃくりながら電話をする
・彼から連絡が来た時に、我慢し続けた気持ちを彼にぶつけてしまう。

こういった感情に任せた行動は
彼がもっと遠くに行ってしまうのでやめましょう

仕事が忙しいという理由が
本当かどうか疑ってしまいますが
ここは「いい女」を演出しましょう

半年や1年は待つつもりでいること

仕事が忙しいと言ってる彼のノイズにならないようにしましょう。
彼から連絡が来たら
仕事が忙しくて疲れているだろうと、彼を気遣うぐらいの「いい女」になりましょう

結婚を考えていた彼に27歳のときに振られたわたしが、復縁して新婚生活を手に入れるまでの体験談

まとめ

彼と別れた直後は、抜け殻のような状態になります。
しばらく時間が経つと彼への思いが強くなり復縁を望むようになります。
引き裂かれるくらい辛いかもしれません。

彼と一切連絡が取れないとなると
逆に連絡したくなるものです

彼のことだけを考え続けるのはあきらめるようにしましょう。
頭でちゃんとわかっていても感情が追いつかない
好きというのはそういうことです
そういう時には
運動したり趣味に没頭したりして気持ちを発散しましょう。

あなたにとって一番良い方法は
彼と会えない期間は
彼が後悔するぐらい「いい女」なることを目標に成長することです

彼が後悔して復縁を求めてくる可能性もありますし
あなたが「いい女」になった結果
元彼以上の男性があなたの目の前に現れる可能性も大いにあります

こちらの記事では、「もう復縁は絶望的・・・復縁できる気がしない。」と
悩んでいる女性でも復縁できる方法を紹介しています。
どうぞご覧ください。

結婚を考えていた彼に27歳のときに振られたわたしが、復縁して新婚生活を手に入れるまでの体験談

タイトルとURLをコピーしました