「別れてから一年経っても復縁できるか」を元彼に自然に確認する方法

別れ て から 一 年 復縁

・1年前に別れた元彼と復縁をしたいんですが・・・
・1年前に別れた元カレが忘れられません。どうしようと分かりません。
・別れてから1年以上経って元彼と復縁した人ってどうやったんですか?

別れてから1年経っても忘れられない元彼
その時は喧嘩別れになった。
一年間距離を置いてみて
元彼の良さもわかった。
自分の足りないところもよくわかった。
「今から彼とうまくやっていけるんじゃないか」
「1年も冷却期間を置いているので復縁ができるんじゃないか」

忘れられない元彼にはそんな期待をしてしまうものです。

元彼への思いが募ると、 男性心理を知りたくなりますが
男性心理を知ろうとしても無駄です。
どうしても元彼と復縁したいならば、 自分からアプローチするのが
一番良い方法です。
アプローチする時注意事項を書いています。

元彼と別れてから1年経つがまだ好き

元彼と別れてから1年も経つといろんな経験をします。
新しい彼氏と付き合ってみて元彼の良さが分かった。
一人になってみて元彼がどれほど自分を支えてくれたか分かった。

別れというのはとても辛いことですが自分自身を見直す良い機会です。

一年間の元彼と距離を置いた色々な経験から
それでも元彼が好きというのが
あなたが本当に元彼を好きだということに他なりません。

別れてから1年後の男性心理を知ろうとしても無駄です。

どうしても元彼の気持ちが知りたくて
色々と探りを入れてみたりしようとする人もいるようですが
ほとんどの場合は無駄です。

というより大きく回り道をしてます。

元彼があなたと復縁したいと思うのは
・元彼が今の彼女とうまくいってない場合
・あなたに対して嫌悪感を抱いてない場合
この二つの状況に限られるからです。

それを正確に知ろうとすると
元カレと連絡をとるしかほとんど方法がありません。

元彼と復縁できるかどうかはあなたがどう成長したかです

元彼と別れてから一年間の空白の期間があっても復縁できる人は復縁できます。
中には5年越しに再会して復縁した人もいます。

その時に重要なポイントは
「お互いに成長したかどうか?」
この一言に尽きると思います。

別れた原因が何だったのか?
その時と同じままではダメなわけですよね。
そのことをよく考えて自分磨きをしてない人は
復縁をして流れで付き合ってもすぐに別れます。

復縁したいなら突然の偶然のサプライズなんで期待してはダメです。

世の中には偶然のサプライズで復縁した人もいるみたいです。
Facebook で突然友達申請が来たり
ブログに元彼からのメッセージが来たりすることもあるようです。

しかし
元彼と復縁したいという気持ちが強いあなたは偶然に任せてはいけません。
メールでも LINE でもまずは一度コンタクトを取るべきです。

一度別れた相手なので
恐怖を感じます。
躊躇してしまいます。
しかし案ずるより産むが易しで
少しだけ勇気を出して連絡してみてもいいのではないですか。

そこから連絡のやりとりが続くようであれば
元彼の情報は確認できるでしょう
相手にその気があれば食事ぐらいはすぐに行けるようになります。

注意しなければならないのは
焦らないこと。
焦って毎日メールするようなことをすれば重荷になります。

相手から好きだと言ってくれることを期待しないこと
私の友達にも妙な恋愛の駆け引きをする人がいますが
ほとんどの場合うまくいってません。

男性は、女性が仕掛ける恋愛の駆け引きをとても面倒くさいと思っています。
元彼に「好き好き好き」と迫るのも強引すぎますが
恋愛の駆け引きまがいのことをするのは、一番嫌われる行為です。

結婚を考えていた彼に27歳のときに振られたわたしが、復縁して新婚生活を手に入れるまでの体験談

焦らずに確実にゆっくりと、元彼との仲を深めていくには

1年以上元彼との思いを温めてきたあなたは少なからず焦りがあります。
連絡しようか迷っている時の不安
無事に元彼とコンタクトが取れたりすると気持ちが舞い上がってしまいます。
勝手にすべてがうまくいくものと妄想してしまうものです。

元彼と本当に付き合うまでは不安の中で進んでいく必要があります。

今、元彼がフリーで、あなたのことを忘れていなかったら
復縁できるチャンスは充分にある。
もし、新しい彼女ができていたら
復縁が成功するまで時間がかかります。

現状を彼に聞く覚悟があるなら、元カレに連絡してみましょう。

こちらの記事では、復縁が無理そうな条件でも
復活愛の成功率を上げる方法を書いています。

合わせて読んでみてください。参考になると思います。

結婚を考えていた彼に27歳のときに振られたわたしが、復縁して新婚生活を手に入れるまでの体験談

タイトルとURLをコピーしました